東京都調布市にある
結婚相談所マリエージュです

ご相談・お申し込み受付中 平日・土日祝(9時~ 21時) 080-1130-7299 or 042-483-0365

マリエージュの婚活応援ブログ

日々思う「結婚に関するさまざまな事」と
「何気ない日常」を書いています。

婚活

【期間限定】結婚相談所マリエージュ婚活体験コース始めます

2021/05/04

調布で30年以上続く老舗の結婚相談所、マリエージュです。

 

以前より、結婚相談所での婚活に不安があり悩んでいるというご意見をたくさんいただいておりました。みなさんのご要望にお応えして、結婚相談所マリエージュでは、期間限定で「1ヵ月の婚活体験コース」を新設することにしました。

 

【 結婚相談所で婚活することに対する不安 】

・本当に出会えるのか心配

・どんな人がいるのか入会しないと分からないから不安

・結婚相談所で婚活している人は、暗い人が多いイメージがある

・高いお金を払うだけの価値があるのかわからない

・効率が良いと謳っているけれど、どんなものかわからないから不安

 

など、不安や疑問点があるのは当然です。

そのような不安を解消し、安心して婚活していただけるように

1ヶ月の婚活体験コース」を期間限定(申し込み締め切り:202155日~630日)で新設致します。

 

体験期間は1ヶ月間、費用は、11,000円(税込)です。体験婚活中には、その他の諸経費はかかりません。体験婚活を通して、結婚相談所での婚活を体験できるだけでなく、ご自身のことを客観的に知ることができる良い機会にもなると思いますので、興味のある方は、是非マリエージュまで下記のいずれかの方法でご連絡ください。

電話 042-483-0365  携帯 080-1130-7299  メール marrie@jcom.home.ne.jp

※申し込み開始は、202155日朝9時からとなります。

【 1ヵ月の婚活体験コースの詳細 】
・どのような会員の方がいるのか検索することができます

・お見合いの申し込みができます。

・お見合いの申し込みがあった場合はその申し込みを受けることができます。

・婚活カウンセリングを受けることができます(面談・メール等)

・お見合料はいただきません

 

【 お申し込みされるにあたり、必ずご確認ください 】

*入会のための必要書類の提出が必須となります。 詳しくはこちらをご覧ください。
1ヵ月の婚活体験期間中にお見合いが成立した場合には正規会員に移行となります。
*期間終了後に正規会員として登録した場合は、婚活体験コース割引が適用になります。

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆  
  結婚相談所マリエージュ
  〒182-0021 東京都調布市調布ヶ丘2-25-2
  電話 042-483-0365
  携帯 080-1130-7299
  メール marrie@jcom.home.ne.jp
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

2021年4月の記事一覧

2021/04/30

2021年4月の記事一覧

4月30日 そもそも成人年齢が20歳になったのはなぜか

4月29日 結婚とは何か ~法律上の結婚とは~

4月28日 二人の距離を近づける方法 ~共同作業編~

4月27日 妥協か、妥当か ~理想の相手に出会うって難しい?~

4月26日 婚活をやめる?やめない?で迷ったら‥ ~挫けそうなときはどうする~

4月25日 婚活をやめる?やめない?で迷ったら‥ ~続けるメリットとは~

4月24日 婚活をやめる?やめない?で迷ったら‥ ~やめたい理由編~

4月23日 二人の距離を近づけるには ~友達からステップアップするための方法2~

4月22日 二人の距離を近づけるには ~友達からステップアップするための方法~

4月21日 友だちと恋人の違いは何か

4月20日 二人の距離を近づける雨の日デート ~挑戦してみたいこと編~

4月19日 二人の距離を近づける雨の日デート ~定番編~

4月18日 あきらめずに挑戦した結果、得たもの ~池江璃花子さんの記事を読んで~

4月17日 決行?延期?で悩まない 二人の距離を近づける雨の日デート

4月16日 【男性必見】婚活の前にこれだけは知っておいてほしいこと ~聞き上手 上級編~

4月15日 【男性必見】婚活の前にこれだけは知っておいてほしいこと ~聞き上手 中級編~

4月14日 【男性必見】婚活の前にこれだけは知っておいてほしいこと ~聞き上手 初級編~

4月13日 【男性必見】婚活の前にこれだけは知っておいてほしいこと ~コミュニケーション編~

4月12日 【男性必見】婚活の前にこれだけは知っておいてほしいこと ~自分の見せ方編~

4月11日 男性をマイナス方向に成長させてしまう女性の行動とは

4月10日 早くに結婚する女性の特徴とは

4月9日 今昔物語 ~結婚指輪の今と昔~

4月8日 結婚から縁遠くなってしまう30代女性の特徴

4月7日 相手を選ぶときは何を基準に?

4月6日 エスカレーターの乗り方 関東と関西でなぜ異なる?

4月5日 配偶者男性のことを何と呼ぶ?

4月4日 選択的夫婦別姓の議論の本質とは

4月3日 結婚は価値観をすり合わせていくもの 価値観が合うより結婚で大切なこと

4月2日 言葉一つで世界が変わる

4月1日 小さなことの積み重ねがライバルとの差に ~男性編~

 

2021年3月の記事一覧

2021年2月の記事一覧

2021年1月の記事一覧

結婚とは何か ~法律上の結婚とは~

2021/04/29

調布で30年以上続く老舗の結婚相談所、マリエージュです。

 

「結婚とは何か?」と聞かれた時に、即答できる人はどれくらいいるのでしょうか。結婚しなくても、好きな人と一緒にいられれば、それだけで良いと考えている人も多いのではないでしょうか。では、互いが独身でお付き合いをしている関係と結婚して夫婦となった二人の関係は、何が異なるのでしょうか。

 

そもそも結婚とは何か

法律という面でみると、「結婚」という言葉でなく、「婚姻」になります。役所に婚姻届を出すというところからも、「結婚届ではないの?」とお感じになった方もいらっしゃると思いますが、あくまでも法律上で男女が夫婦となることを「婚姻」と言い、二人が社会的に「夫婦である」と認められることを「結婚」と言うそうです。なんだか難しいですね。

 

婚姻の条件はあるのか

結婚が婚姻と言うことは分かりましたが、婚姻するのに何か条件はあるのでしょうか。

 

1.婚姻届を出す

「役所に婚姻届を提出し、受理されたら婚姻関係が成立する」=「結婚した」ということになります。

 

2.二人に結婚する意思がある

「婚姻」は互いに夫婦関係を成立させる意思がなくてはならないそうです。当たり前と言えば、当たり前ですが…。ただ、だまして「婚姻届け」を出したり、無理矢理書かせたりした場合は無効になります。これも当然と言えば当然ですね。

私も調べて知ったのですが、憲法の条文の中に「婚姻は両性の合意のみに基づいて成立」と書かれているそうで、「憲法を改正する必要がある」「両性は、片方の性に対する異性を指すのではなく、女性同士、男性同士も含まれると解釈する」「両性の合意のみよって異性婚が成立することを示したにすぎない」などという意見などがあり、最近話題となっている「同性婚」をめぐる議論では、様々な視点で議論がなされているようです。

 

3.最低年齢が決まっている

結婚できる年齢(婚姻年齢)は男性18歳以上、女性は16歳以上となっています。ただし、20224月から、現行の20歳から18歳に引き下げられるため、女性が結婚できる年齢が18歳に引き上げられることが決まっています。

 

4.結婚していない

日本は一夫一婦制です。ですので、一度に結婚できる相手は一人と決まっています。当然ですが、男性が女性2人以上と、女性が男性2人以上と結婚することは認められていません。当然ですね。

 

5.近親婚ではない

直系血族(祖父母、父母、子、孫)、3親等以内の血族(直系血族、曾祖父母、叔父母、兄弟、甥姪)とは結婚できません。逆の考え方をすると、4親等以上の人とは結婚することができることになり、例えば「いとこ」とは結婚することができるのです。古い人間だからかもしれませんが、頭では分かっていてもなかなかすんなり受け入れられない感覚があります。

 

【女性条件】再婚禁止期間を過ぎないと結婚できない

妊娠に関わる条件として、結婚後すぐに妊娠した場合に「前夫、現夫のどちらが父親かわからない」という事態を避けるために「女性は婚姻解消後100日間、再婚できない」というルールがあります。なかなか厳しい決まりですが、例外として、離婚時に妊娠していないことを医師が証明した場合などには、100日間が経過していなくても再婚することができるそうです。

 

このように法律上の結婚について見てきましたが、いかがでしたでしょうか。当たり前のことが書かれているような印象がありますが、誰が読んでも間違いがないようなルールを作ると言うことは、当たり前のことを当たり前のこととして書き記すことであることがわかりました。結婚時に二人でこれだけは守ろうと「決まりごと」を作る夫婦もいますが、口約束ではどちらかが忘れてしまうこともあるので、書き記していくことで初心を忘れずにいられるのでしょう。決まりごとがあると窮屈という方もいらっしゃると思いますが、幸せな結婚生活を送る一つの方法として覚えておきたいものです。

 

専属カウンセラーがご成婚までサポートする結婚相談所 マリエージュでした。
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆  
  結婚相談所マリエージュ
  〒182-0021 東京都調布市調布ヶ丘2-25-2
  電話 042-483-0365
  携帯 080-1130-7299
  メール marrie@jcom.home.ne.jp
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

妥協か、妥当か ~理想の相手に出会うって難しい?~

2021/04/27

調布で30年続く老舗の結婚相談所 マリエージュです。

「こんな方と結婚したい」という理想は、どなたにもあります。
ご自身の結婚のお話ですから、当然と言えば当然ですね。
また、「妥協したくない…」というのもよく聞く言葉です。

 

では、理想の相手は、どこにいるのか

ご自身が納得のいくお相手、好きになれるお相手と一緒になれたら、幸せになれるのではないかと思っているでしょう。

しかし、みなさんが選ぼうとしているお相手は、日本にどのくらいの割合でいるのでしょうか?

 

例えば、年収1千万円を超えている男性、憧れの婚活対象でしょう。

しかし、年収1千万円以上稼いでいる男性ってどのくらいいると思いますか。

ご自身の周りを見渡して見てください。探すだけでも一苦労ですね。

さらに、独身者となると…。

これは、考えればすぐにわかるはずです。

同様に学歴を考えてみると、何を基準に良しとするのか難しいところでしょうが、

難関大学を卒業された男性は、全男性の15%に過ぎないそうです。さらに独身者となると…。

ご自身が理想とするお相手とのお見合い自体が、

なかなか難しい現実がある中で、ご自身の好みや感覚ばかりが優先され、

不満ばかりが言葉として出てきてしまうことも多いです。

残りの人生を過ごすお相手ですから、「妥協しない」ことは大切です。

ただ、譲れない条件がたくさんあるのならまだしも

第一条件が「年収」や「学歴」ならば、どこかで折り合いをつけないと

ご成婚までたどり着くのは難しくなるでしょう。

愛は、文化の壁を越えると思っている方には、日本から飛び出す選択肢もあります。

妥協なのか、妥当なのか、本当に必要な条件は何か。

もう一度見直してみてはいかがでしょうか。

 

専属カウンセラーがご成婚までサポートする結婚相談所 マリエージュでした。
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆  
  結婚相談所マリエージュ
  〒182-0021 東京都調布市調布ヶ丘2-25-2
  電話 042-483-0365
  携帯 080-1130-7299
  メール marrie@jcom.home.ne.jp
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

婚活をやめる?やめない?で迷ったら‥ ~挫けそうなときはどうする~

2021/04/26

調布で30年以上続く老舗の結婚相談所、マリエージュです。

 

婚活について、最後は、ご自身が後悔のない道を進んでくださいと前回書きましたが、とはいってもどうしたら良いのかわからないという方もいらっしゃると思います。今回は、「婚活をやめたい」と思った時に、「やめる・続ける」の2択ではなく、どのような選択肢があるのかについて考えてみたいと思います。

前回記事 婚活をやめる?やめない?で迷ったら‥ ~続けるメリットとは~

 

理想の条件の一部を変更

なかなか理想のお相手に出会えないと、なんだかやる気が出ないものです。そして、婚活を続けていくことに疑問を感じてしまうのも致し方ないことだと思います。では、そのようなときにどのようにしたら良いのか。それは、理想の条件の一部を変更することです。お一人お一人に絶対に譲れない条件があると思いますが、あまりにも細かな条件まで決めながら、お相手探しをしてしまうと、本当は理想の相手だったのに、その方との出会いのチャンスを失ってしまうことにもつながりかねません。理想の条件を全て満たせば完璧な理想の人と言うことは、現実問題としてあり得ないと私は思っているので、本当に譲れない条件といくつかの条件だけに変更し、お相手探しをしてみることをお勧めしたいです。また、理想の条件に優先順位をつけるのもお勧めのやり方です。本当に譲れない条件から順番に書きだしていくと、実は条件の中に「こんな人だとうれしいなという条件」や「どちらかといえばこちらの方が良いというような条件」が入っていたと言うことに気付くこともあります。本当に譲れない条件は譲らなくても良いと思うので、本当に譲れない条件を満たす方を探す・知り合う努力をされると、意外と素敵な方が多いことにお気づきになれると思います。

 

誰かに相談する

家族をはじめとした身近な人に話を聞いてもらう方法もあります。ありのままに言える人が良いと思いますが、正直に「婚活をやめたいと思っている」「婚活が苦しい」と伝えてみてください。相手を考える必要はありますが、ご自身の気持ちが軽くなるだけでなく、相手も親身に相談に乗ってくれると思います。相談したことで、その人の友人を紹介されて結婚した方もいらっしゃいますし、励ましの言葉をもらってもう少し頑張ってみると婚活を続けた方もいらっしゃいます。自分一人で考えていた時には見えなかったものが見えるようになるかもしれません。

 

お休みするという手も

婚活がストレスになるならば、いったん婚活をお休みするという方法もあります。つまり、「やめる」のではなく、「お休み」です。できた自由時間に、以前からやってみたかったことや趣味、場合によっては仕事など、何でも良いので、打ち込めるものを探して全力でやってみることもできます。きっと、良い気分転換になると思いますよ。「お休み」の間は、婚活から離れた生活を送ってください。そうすると、気持ちに余裕が生まれてきて、再び「婚活しようかな」と思えるようになるかもしれません。

 

「婚活がうまくいかない」「理想の人に出会えない」などと考え、「婚活をやめたい」と感じることは自然なことです。その時どの選択肢を選んでも、私は正解だと思いますが、婚活をやめるのは「ストレスから解放されるため」ではないことを忘れないで欲しいと思います。ご自身が5年後に今の選択で良かったと思えるのならば、「続ける」でも「やめる」でも問題はありません。その選択をした自分を後悔してしまいそうであるならば、友人や家族でも良いでしょうし、私たちのようなカウンセラーに相談することも一つの選択肢かもしれません。1人で考えていると行き詰まってしまうこともありますが、客観的な第三者の意見を聞くことで新たな婚活の姿が見えてくることもあります。また、初心を思いだすきっかけになることも。答えのない問いに、答えるのは難しい。そんな時には、是非専門家であるカウンセラーを頼ってください。必ず何かのお役に立てるはずです。みなさんの幸せを願っています。

 

専属カウンセラーがご成婚までサポートする結婚相談所 マリエージュでした。
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆  
  結婚相談所マリエージュ
  〒182-0021 東京都調布市調布ヶ丘2-25-2
  電話 042-483-0365
  携帯 080-1130-7299
  メール marrie@jcom.home.ne.jp
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

婚活をやめる?やめない?で迷ったら‥ ~続けるメリットとは~

2021/04/25

調布で30年以上続く老舗の結婚相談所、マリエージュです。

 

前回は、婚活をしている人がどのような理由で「やめたい」と感じるのかについて、書きました。

前回記事 婚活をやめる?やめない?で迷ったら‥ ~やめたい理由編~

私個人としては、婚活とは「自分と相性や価値観の合った人を探す旅」だと思っています。では、婚活は続けた方が良いのか、やめた方が良いのか。婚活を続けることのメリットとデメリットについて考えてみたいと思います。

 

一人の人生を楽しむ自分

婚活中には、相手のことで頭が一杯で、理想の相手の条件は何か、相手に好意を持ってもらうためにはどうしたら良いかなど、様々なことを考え続けている状態だと思います。つまり、「婚活漬け」です。とにかく、プライベートの時間を犠牲にしてしまうという見方もできないわけではないので、自分時間がないことに対するストレスのある方もいらっしゃるでしょう。ですので、婚活をやめれば、自分のペースで生活することができるのです。お休みの日も、自分の好きなことをして過ごせるでしょうし、婚活中のように相手に与える印象などを考えながら服を買ったり、ヘアスタイルを考えたりする必要もありません。婚活中は、周りと自分を比べて「どうして自分だけ?」と悩むこともあったかもしれませんが、婚活をやめれば、1人の時間を楽しむことができるでしょう。

 

二人の人生を夢見る自分

婚活をやめるとある意味でストレスが少なくなるので、気は楽になります。1人の人生を楽しむ中で、誰かと出会って結婚することもあるでしょうが、婚活中とは出会いの数がそもそも異なるため、結婚することを目標にするのならば、結婚からは遠ざかってしまいます。言い方を変えるならば、結婚のチャンスをつかみにいかないことになり、その可能性を放棄することと同じだと考えることもできるでしょう。考えてほしいのは、「婚活をやめる」という決心を1年後3年後の自分が後悔することなく、進めるかどうかだと思います。婚活でうまくいかないと、「やめたい」と思うのは自然なことです。しかし、そこでやめてしまうと、それまでの頑張りが無駄になってしまいます。次回のお見合いで、素敵な人に出会える可能性もあるわけで、その点をどのように考え、ご自身の行動を決めていくかになります。やめてしまうと、そのチャンスそのものを失ってしまいます。ある年齢までは、1人だったとしても、それなりに生活を楽しめると思うのですが、50代、60代、70代のご自分をご想像ください。人は、年齢を重ねるにつれ、人とのつながりを大切にするようになります。そのとき、自分が一人だったら、寂しいと感じる可能性は高くなります。1人の人生を楽しみ切れるかという点も考えてみてください。

 

後悔のない人生を

婚活を続けるのもやめるのもどちらにも良さがあります。婚活をやめた方が良いかもと考えてみるものの、かといって完全にやめてしまったらと煮え切らない気持ちになることもあるでしょう。考えなくてはいけないのは、婚活を続けるかやめるかではなく、後悔のない人生を送るためには、どちらの選択肢が望ましいのかです。続けてもよし、やめてもよしが答えなので、最後はご自身の心の声にしたがい、よりよい人生に向けて歩き出していただくことが大切です。何かお困りのことがありましたら、いつでもご相談ください。

 

専属カウンセラーがご成婚までサポートする結婚相談所 マリエージュでした。
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆  
  結婚相談所マリエージュ
  〒182-0021 東京都調布市調布ヶ丘2-25-2
  電話 042-483-0365
  携帯 080-1130-7299
  メール marrie@jcom.home.ne.jp
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

二人の距離を近づけるには ~友達からステップアップするための方法2~

2021/04/23

調布で30年以上続く老舗の結婚相談所、マリエージュです。

 

前回、友だちからステップアップする方法の中で、意中の相手に恋愛対象であることを意識してもらうことが大切であることをお伝えしましたが、いかがでしたでしょうか。

前回記事 二人の距離を近づけるには ~友達からステップアップするための方法~

今回は、更に少し踏みこんで友だちから恋人にステップアップする方法をもう少し考えてみたいと思います。参考になる点があれば、是非ご活用ください。

 

二人だけの時間

二人だけの食事に誘うことをお勧めしましたが、2人の距離をさらに縮めるためにできることをいくつか書きたいと思います。

 

1.共同作業

意中の人がいるなら、その相手と何かを共有することが大切です。秘密の共有の行動編とも言えるかもしれませんが、行動を共にする共同作業をすることで、距離を縮めることができます。例えば、仕事であれば、苦労や悩みなどを共有し、一緒にやり遂げる中で、達成感を感じる瞬間を共有したりできると良いと思います。たまたま、仕事の例を出しましたが、例えば、バーベキューで一緒に料理を作ることでも良いでしょうし、何か一緒にできることがあれば、積極的に行動を共にするようにしましょう。

 

 

2.悩み事を親身に聞く

相談することで相手との距離を縮めることができると書きましたが、何も自分が相談する場合だけではないでしょう。逆に相手から相談が来る場合も当然あります。意中の人から相談があったり、何かに悩んでいる様子が見られたりするなら、是非話を聞いてあげてください。自分からの相談とは違い、アドバイスをするというよりも親身になって悩み事を聞いてあげること 【男性必見】婚活の前にこれだけは知っておいてほしいこと ~聞き上手 初級編~が重要です。それがきっかけとなり、あなたへの評価が変わることもあるでしょうし、優しくて包容力がある男性という立ち位置になれば、恋愛対象として相手に意識させることができると思います。

 

「ときめき」を演出する

男性を恋愛対象とする女性は、彼氏と言う存在に「男らしさ」を求めているように感じることが多いです。例えば、「荷物をさりげなく持ってくれる」「扉を開けてくれる」「道路の車道側を歩いてくれる」などのやさしさです。また、困ったことがあったら助けてくれたり、守ってくれたりするなどのちょっとした行動がきっかけとなり、女性の心は「ときめき」を感じます。心が「ドキドキ」するような「男らしい行動」を時折見せることで、恋愛対象として意識させることができます。

良い意味で期待を裏切る

たくさんの友達といる時には見せない一面を、2人きりになったときに見せるのも、恋愛対象として意識させるにはとても良いと思います。普段は「物静かで怖いイメージ」なのに2人の時には「優しい」など、良い意味で相手の期待を裏切る意外性などがそれにあたると思いますが、印象が変わり、私にだけ特別な面を見せてくれていると感じることもあるでしょう。このようなギャップが相手を恋愛対象として意識するきっかけになることも多いようです。ギャップがあれば良いと言うわけではないので、無理をしないことも大切です。

 

このように恋愛対象として意識してもらうための方法について、考えてきましたが、いかがでしたでしょうか。今回の方法は、ある程度友人関係が進んでいるときに、さらに関係性をステップアップさせる方法として書かせていただきました。読んでみれば、話としてはわかるという方が多かったのではないかと思いますが、これらを「さりげなく」「自然に」行うことはとても難しいと思います。しかし、好意を寄せる相手が現れたときにどのようにアプローチをしたら良いのかを考えるきっかけになれば幸いです。今回の2つの記事を読んで、どのように距離を縮めたらよいのか分からないという方がいらっしゃいましたら、直接マリエージュまでご相談ください。何かお力になれることがあるかもしれません。お気軽にお電話やメールをください。

 

専属カウンセラーがご成婚までサポートする結婚相談所 マリエージュでした。
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆  
  結婚相談所マリエージュ
  〒182-0021 東京都調布市調布ヶ丘2-25-2
  電話 042-483-0365
  携帯 080-1130-7299
  メール marrie@jcom.home.ne.jp
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

二人の距離を近づけるには ~友達からステップアップするための方法~

2021/04/22

調布で30年以上続く老舗の結婚相談所、マリエージュです。

 

気になる友だちと恋人同士になれたら、こんなにうれしいことはないはずです。つまり、あなたの覚悟が決まったら、あとは「行動あるのみ」なのです。ですが、友だちから恋人になるためには、どのような方法があり、どのように二人の距離を近づけていったらいいのかについて考えてみたいと思います。意中の人がいるのに、具体的な行動にうつせていないあなた、是非参考にしてみてください。

 

秘密の共有

二人の関係性を向上させたい、つまり友だちから恋人という立場に変わりたいという人に是非考えていただきたいことは、「秘密の共有」です。例えば、「これは、○○さんにしか言えないんだけど…」「二人だけの秘密にして欲しいんだけど…」などと秘密を打ち明けるような関わり方で、2人だけの秘密を作ってみてください。この「2人だけの秘密」という雰囲気には、誰でも特別感を感じるはずです。「私だけに話してくれているのかな」「私にだけ心を許してくれているのかな」などとあなたのことをさらに意識するようになるはずです。

 

方法1.相談する

秘密の共有の例として、相手に相談することが挙げられます。自分の悩みなどは、通常は誰にでも話さないものだと思います。つまり、「悩み事を相談したい相手=特別だと思っている人」となり、相手との距離が縮まります。逆に相談されるというケースもあるかもしれませんが、自分が相手を意識してしまうと言う点で、こちらは相手からの秘密の共有と言うことになるでしょう。さらに、相談の回数が増えれば増えるほど、互いの様々な面を伝えることができ、あなたの新たな一面に「ときめき」を感じるかもしれません。

 

方法2.二人だけで食事に行く

意中の女性とグッと距離を縮めたいと思ったら、2人だけで食事に誘うことをお勧めします。これも秘密の共有で、二人で食事に誘ったときに断られないと言うことは、2人だけの時間に対して嫌な気持ちがないということでもあるので、脈があるとも言えると思います。誘うのが難しそうであれば、「相談にのってほしい」と二人で会う約束を取り付けることもできるかもしれませんね。二人で食事に行く機会が作れれば、相手の恋愛感を聞き出せたり、普段と違った一面が見られたりと相手のことを更に知ることができるでしょうし、自分の魅力も伝えることができます。

 

「二人」で過ごす機会を意図的に作る

いつもみんなと一緒にいることだけでは、二人の距離はおそらく縮まりません。それは、多くの方も分かっていることでしょう。では、どうしたら良いかですが、例えば、「途中まで一緒に帰る」「買い物に付き合ってもらう」などがありますが、難しいようならば「重い荷物を持っているときに手伝う」など、優しさを示す方法もあります。そのような行動が度重なれば、「この間はありがとう」などと話すきっかけができて、友だち以上の関係性を意識してもらえるきっかけにつながる可能性が高まります。

 

特別な人として接する

男女に関わらず、人間関係の中で人は特別扱いされるとうれしい気持ちになるものです。誰にでも優しい人ではなく、自分に対してだけ、優しい男性には、女性はつい心惹かれてしまうものだと思います。優しさという言葉は本当に難しいですが、困っている時に優しい行動をとることやさりげない優しさを示すことで、特別な女性であると相手に分かってもらうことができると思います。特別な人だということを行動で示していくことで、相手はあなたに好意を寄せていくはずです。

 

相手に自分の存在を意識させる

相手に恋愛対象として意識させるためには、言葉かけもとても大切です。例えば、「◯◯さんに言われたら毎日がんばれそう」「俺のことをきちんと理解してくれているのは、◯◯さんだけ」などの言葉かけです。恋人に発展するためには、相手に自分の存在が恋愛対象であることを意識してもらう必要があるので、「○○さんと一緒にいると楽しい」などでも良いので、相手に一緒に居たい自分がいることを伝えていくことが良いと思います。いくら二人きりで良い感じの雰囲気になっても、相手が自分の好意に気付かないようでは、相手の心は動きません。人間関係を深めていくために必要な心がけとは?でも書きましたが、人は自分に好意を持ってくれる人に同じように好意を抱きます。「好き」という言葉を言わずに、その気持ちを伝えるようにしていくと自分の好意が伝えられるはずです。

 

 

今回は、友だちからステップアップさせる方法について書きましたが、いかがでしたでしょうか。重要なのは、自分が恋愛対象であることをいかに意識させるかに尽きると思います。相手が自分のことを意識し、恋愛対象だと思ってくれれば、あとは「告白する」だけです。結果がどうなるにせよ、以上のような関係性を築いてきた2人なら、即お断りにはならないと思います。少なくとも真剣に自分と一緒になる未来を考えてくれるはずです。実践できる点があれば、是非参考にしていただき、意中の方と素敵な時間をお過ごしいただければ、これ以上の幸せはございません。

専属カウンセラーがご成婚までサポートする結婚相談所 マリエージュでした。
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆  
  結婚相談所マリエージュ
  〒182-0021 東京都調布市調布ヶ丘2-25-2
  電話 042-483-0365
  携帯 080-1130-7299
  メール marrie@jcom.home.ne.jp
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆

友だちと恋人の違いは何か

2021/04/21

調布で30年以上続く老舗の結婚相談所、マリエージュです。

 

仲が良い人と恋人になる人には、何か違いがあるのでしょうか。仲の良さと恋愛感情には何か違いがあるのでしょうか。「異性間に友情は存在しない」と考える人がいますが、異性の友人と仲良く関係を続けている人も当然います。恋愛感情は、異性に限らないことだとは思いますが、友人になる人と恋人になる人に何か違いはあるのでしょうか。今回は、友人と恋人の違いについて考えてみたいと思います。

 

「安心感」が必要

2人でいるときに安心感を得られるかどうかは、恋人として考えるときにはとても大切だと思います。友人なら、一緒に居る時間も長くはならないでしょう。そのような状況なら、少し我慢することで関係が継続していくこともあると思います。しかし、恋人とは、けた違いに過ごす時間が変わってきます。2人で過ごす時間に安心感があるかどうかは、一緒にいる上で重要です。

 

「ときめき」が必要

人を「好き」になった瞬間に、ときめきを感じたことがある人は多いと思います。このときめきは、緊張感と言うよりも「この人に会いたい」というような押さえられない気持ちに近いものだと思います。ですので、どうしても会いたい友人がいたとすれば、もしかしたら、恋愛対象として見始めている兆しなのかもしれませんね。友人だと思って接していたのに、気が付いたら「好き」になっていることもあるでしょう。戸惑いが生じることもあると思いますが、その気持ちに正直に向き合うことが、友人から恋人にステップアップするきっかけの第一歩になるのかもしれません。

 

「弱みを出せること」が必要

友人関係では、どこまでいっても他人の領域を超えることはできません。悩みを相談できる友人もいると思いますが、すべてをさらけ出して話せる友人かと言われれば、首をかしげてしまう方が多いと思います。他人には、やはりすべてをさらけ出すことが難しい。これが現実だと思います。恋人だからと言って、すべてを話さないという方もいらっしゃるでしょうが、友人以上に自分の弱みや知っておいてほしいことなどをさらけ出していくことが必要になります。そんな弱みや恥ずかしい面も全てを受け入れ合える関係が恋人なのだと思います。相手に弱みを出せる・相手の弱みを受け止められると感じるのならば、恋人として考えていける相手なのだと思います。

 

 

このように友人と恋人との違いを見てきましたが、ご自身の友人関係はいかがでしたでしょうか。何もかもがうまくいっている時なら誰と一緒にいても、うまくいきますが、人生ではうまくいかない出来事に遭遇することもたくさんあります。失敗が尾を引いて気持ちがふさぎ込んでしまうこともあるでしょうし、恥ずかしくて友人には会ないという気持ちでいっぱいになってしまうことも出てくるでしょう。そんな時でも安心していられる存在、弱みを出せる存在としての恋人には、そばにいてほしいと誰もが願うものだと思います。何かあった時に「会いたい」と言われるような関係性があるのなら、それは「特別な存在=恋人」なのではないでしょうか。このように考えてみることで、友人と恋人の違いがよく分かりました。異性間に友情が存在するかどうかは別にしても、苦しい時にもそばにいてほしい存在が「恋人」です。みなさんの周りにこのような方はいらっしゃいますでしょうか。もし、いらっしゃるようでしたら、それは「恋」の始まりかもしれませんね。

 

専属カウンセラーがご成婚までサポートする結婚相談所 マリエージュでした。
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆  
  結婚相談所マリエージュ
  〒182-0021 東京都調布市調布ヶ丘2-25-2
  電話 042-483-0365
  携帯 080-1130-7299
  メール marrie@jcom.home.ne.jp
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆