東京都調布市にある
結婚相談所マリエージュです

ご相談・お申し込み受付中 平日・土日祝(9時~ 21時) 080-1130-7299 or 042-483-0365

マリエージュの婚活応援ブログ

日々思う「結婚に関するさまざまな事」と
「何気ない日常」を書いています。

お見合い後の初めてのデート

2019/07/07

男性は「彼女の顔が超お気に入り」。
女性は「とりあえず」。
からの交際初日。

お店は彼女のリクエスト。
とっても高価なお店を選んだようです。
ワインもオーダーして滞在4時間ほど。
お話しは弾んだのでしょうか?

数日後女性から「交際終了」の連絡が仲人宛に。

理由を聞くと・・・

男性にある「癖」がある。
精算の時に支払う素振りをしたらお金を受け取った。
全て支払って欲しかった。

との事でした。

男性にとっては災難としか・・・

この日の支払いは2万円弱。
女性がどうしてもと言うので、差し出された4千円を受け取った。
出張先の海外土産(5千円程)も渡した。

「癖」も私見ですが、「えー?本当?」ですよ。

男性側の仲人さんは

「彼にとっては良い勉強になった。顔で選ぶと駄目だと。
これを機に成長して欲しい。」

と言ってくれました。

今回は男性が「顔が好み」という弱みがあったので、
高価なお店のリクエストでもOKでした。
普段は行けないお店を選んだのか?
高級店しか行ったことがなく慣れている店なのか?
何れにしろ本来なら「金が掛かる女性」と判断されアウトです。
男性はATMではありませんよ。

女性がリクエストする場合は「ほどほど」にね。
お誕生日とかクリスマス等のイベントにちょっと贅沢すれば。

最近は「男女平等」の精神が浸透しています。
男性が全て払う時代ではないようです。

「ポーズで出したのに、受け取った」と言われてしまう男性。
素直にご馳走様だけだと「女性が財布を出さない」と不服を言う男性。

「本心」を探れ・・・難しいですね。

3か月の交際期間だけでも「大盤振る舞い」をしてほしい気もします。

昔は男性の年収は高くて、デート代は全て男性でしたね。
たまに喫茶店代は出しましたよ。気を使ってね。
ちょっぴり懐かしい日々です。

調布市 結婚相談所「マリエージュ」担当 谷田

彼女に初めて会ったのは彼女が35歳の時でした

2019/06/04

彼女との出会いは私が主催する婚活パーティーでした。
彼女は33歳位から他の結婚相談所に入会し活動中でした。
3年ほど交流があり、彼女のお見合いの結果報告とか愚痴とか
色々聞いていました。
結婚相談所「マリエージュ」の会員様の場合は最適のアドバイスをします。
連絡が途絶えていたので、「結婚した」と勝手に思っていました。
しかし、久々に会った彼女は婚活用のプロフィール写真でした。
今年、42歳です。結婚相談所は3ヶ所目。
昔から理想が高い女性でした。お見合いの結果ははいつも彼女から断っていました。
多分10年間、理想を追いかけているのでしょう。
自分が先に断ると相手も同じ気持ちでも気が付かずに終わってしまいます。
何故、相手から選ばれなかったのかの分析と反省が出来ず成長出来ないのです。
「もっといい人、もっといい人」と月日が過ぎるうちに「3回目に合った人が良かったかなぁ」って。
時間は戻りません。

結婚とは最初は「こんなものかな」から最後は「どんなもんだい」になる様に2人で成長していくものだと勝手に思っています。

結婚相談所「マリエージュ」担当 谷田

恒例の都会散歩

2019/05/29

先日のお散歩は・・・

馬喰横山でのランチは焼き鳥屋さん。
ランチタイムは鶏肉料理。
親子丼と炭焼き鶏がありました。
佐賀県の地鶏でした。お米もね。
美味しかったですよ。

食後は明治座を横目に墨田川沿いを歩き
「水天宮って新しい?」
「ここ何処?」などと言いながら日本橋を目指してテクテク。
Googleと看板の地図を頼りに無事到着。

昔からある喫茶店のテラス席でスコーンと紅茶のセットを頂いてから帰路につきました。

「歩く」を目的にした夫婦2人の散歩ですが、
初々しい交際中の2人でも楽しめると思います。

「結婚相談所マリエージュ」 担当 谷田

人生100年。事実婚はどうでしょう。

2019/05/23

最近、結婚相談所マリエージュにも相談が増えて来ました。

時代と共に結婚の形も変わって来ました。
人生100年の時代、男性も女性も元気で若々しい。
たった一度の人生です。
伴侶を亡くされたり、離婚してお一人になってしまった方は
もう一度「ドキドキ・ワクワクの輝いた人生」を歩んでみませんか?

子供が居るから・・・
相続で揉めそうだ・・・

等々のしがらみがある方には「事実婚」をお勧めします。

二人で旅行に行ったり、美味しいものを食べ歩いたり、美術館巡りや下町散歩等
楽しい事が一杯。
病気の心配も支え合える方が側に居れば心強いです。

どうやってお相手を探しましょうか?
結婚相談所に入会してみましょう。
多くの方が入会しています。
お金は掛かりますが、お相手に対する安心感は増しますね。

もう一度「楽しい人生」を・・・

とお考えの方は是非「結婚相談所マリエージュ」へご相談にお越しください。

担当 「結婚相談所マリエージュ」小川

赤い糸が行方不明になった彼女たち

2019/04/04

婚活が上手くいかない理由は?

色々あると思います。

「顔」・・・とっても気にしていますよね。

人それぞれ好みの顔があるのは当たり前です。

相手の顔を気にする女性は大半が自分の顔に自信が無く、

「子供はいい顔に」との願いを込めて探していると思われます。

自他共に認める美人さんの隣は案外「普通」なのです。

スペックは高いのでしょう。奥様は幸せオーラ全開ですものね。

「幸せオーラが美人をつくる」と言っても過言ではないと思います。

いくら好みの顔でも、生活力が無かったり、性格が悪ければ幸せにはなれません。

「顔」は結婚生活で変わります。

家庭が穏やかで楽しければ自然と「いい顔」に。

家庭が暗く喧嘩ばかりでは「醜い顔」に。

常に精神的に穏やかな時間を過ごせる家庭を築く事が大切です。

心が落ち着くような方を選んで欲しいと思います。

「人の意見に耳を傾ける」・・・これも大切ですね。

婚活中も結婚後も人生において大切です。

ただ、誰の言葉が正しいのか選別できる力は必要です。(女友達は要注意?)

「もっといい人、もっといい人」と思っているうちに幸せは逃げて行きます。

「幸せ」は欲張りさんは嫌いです。

調布市 「結婚相談所マリエージュ」
担当 小川

理想はついつい高くなる?

2019/03/20

理想とは考えられるうちで最高の状態のこと。プラトンによる哲学思想「イデア」を明治時代に直訳した用語。
現実の対義語 (理想⇔現実) であるが、その現実を作る上で、目標となるものである。
実現可能な相対的な理想と、到達不可能な理想に分けられる。

ちょっと難しく書いてみました。
婚活では理想とは相手に対する希望ですね。
つまり実現可能な理想と到達不可能な理想があるという事。

男性の理想は容姿と年齢が大半ですね。
女性は大変、学歴、年収、容姿、仕事等々。
完璧な人はほぼいません。いたとしても既に「旦那様・奥様」。

理想を高く掲げても(本人は高いと思っていないのですが)、
相手にも理想があります。
もし、女性も男性も理想の相手から選ばれない場合は、
自分自身を見つめ直しちょっと作戦変更。

容姿は今後の結婚生活で絶対変わります。
相手の容姿が結婚後幸せ一杯の輝いた容姿になるか、疲れきって惨めな容姿になるかはあなた次第なのです。

高学歴=仕事が出来る=高給取り とは限りません。

何が大切?

私は「人柄」だと思います。
思いやりがあって、優しくて、気配りが出来る人を探して欲しいと思います。

「私の結婚だからほっておいて」と思うでしょうが、
婚活、結婚を経験した人の言葉にも耳を傾けてみてください。

結婚は「縁」です。「縁結び」って言うでしょう。
良縁と巡り合うために多くの方と会い、人柄を見極めて欲しいと思います。
良縁を引き寄せるのはあなたです。

もし全ての理想をを備えた素敵な人と結婚をしたければ、自分自身が最高の人物になるように努力しましょう。

調布市 「結婚相談所マリエージュ」
担当 小川

人生、逆算してみたら・・・

2019/03/12

昨日のブログに登場した38歳の女性と47歳の男性のカップル。

女性は「えー。38歳なのに、相手は47歳?」、「信じられな~い」と思われた方は多いはず。

男性にとっては大金星でしたね。結局「婚約破棄」になりましたが。

何故、大金星かというと・・・

女性の希望は「同年代か年下の男性」、男性の希望はもちろん「若い女性」が大半なのです。

つまりこの男性の婚約者は9歳も年下でした。まさか「婚約破棄」になるなんてでしょうね。

女性の希望は同年代か42歳位までだったと思います。

現実はシビアなのです。

女性は35歳が限界ラインと言われています。

先日、36歳の男性が相談にお見えになりました。
「34歳の女性はどうかなぁ」と思ったのですが、希望は20代でした。
この男性も人生の逆算をしていません。
「40歳時の子供は60歳で成人」に驚愕していました。

人生100年とは言っても、体力や金銭面はあまり変化はないと思います。

男性も女性も人生設計を考えて、早めに婚活を始めましょう。

余談ですが、47歳の男性は子供はいらない方なので良いのですが、
48歳か49歳で子供が生まれた場合、成人の時はパパは68歳とか69歳。
子供の学費も大変です。会社の制度にもよりますが、定年後も「馬車馬」状態な気がします。

調布市 「結婚相談所マリエージュ」
担当 谷田

 

結婚したい理由は何ですか?

2019/03/11

結婚したい理由は人それぞれ。

世間体もあるでしょう。
周りが結婚しているので・・・もあるでしょう。
仕事に疲れちゃって・・・もあるでしょう。

昔、会社の後輩の女性から
「お出掛けしても一緒のお家に帰るのですね。いいなぁー。」って言われました。
本当に羨ましそうに言っていました。
この時彼女には社内でお付き合いしている方が居て、
のちにこの方と結婚しました。
「好きだから結婚する」王道ですね。

以前、あるライターさんが書かれていたのですが、
38歳の女性と47歳の男性が婚約後旅行に行ったそうです。
2泊3日の旅行中、一切性的な関係を迫らない男性に尋ねたそうです。
「私は結婚したら子供が欲しい。何をするかわかっているよね。」と。
男性の答えは・・・
「僕は子供はいらない。そういうことをするのは好きじゃない。」でした。
彼女は彼と結婚したら単なる同居人のまま一生を送ることになると思い、
「婚約破棄」をしたそうです。
この女性の結婚の理由は「子供が欲しい」だったわけですね。

人それぞれ考えが違うので正解は無いのですが、この話が本当だとしたら私はちょっと寂しく感じました。
家族の基本は夫婦なのです。子供は授かりもの。育てたら出て行くものなのです。いずれ夫婦2人なのです。
この女性は年齢的にも限界を感じ、男なら・・・で婚約したのかしらね。
この男性自身を気に入っていたら「婚約破棄」にはならない気がします。

相手が何をしても「まぁ、いいか」と思えるような人がいいかなぁ。

調布 「結婚相談所マリエージュ」
担当 谷田

チャレンジ精神旺盛な彼ら達

2019/03/05

高校受験、大学受験で実力より上の学校をチャレンジした結果、合格すると感動しますよね。
その時の気持ちを忘れられないのでしょうか。

結婚相談所では所属する組織の全ての会員の情報がネット検索出来ます。
気に入った方にお見合いのお申込みも出来ます。

ここでチャレンジャーが多発するのです。

例えば・・・

① 40歳迄の方希望の34歳の女性に48歳の方のお申込み。
② 大学卒業の方希望の女性に高校卒業の方のお申込み。
③ 初婚の方希望の女性に再婚の方のお申込み。

等々です。

多分、お断りされる場合が多いと思います。

男性も女性もある程度チャレンジしたら、方向転換をお勧めします。
そうしないと時間だけが過ぎて行きます。
歳を重ねると不利になる確率は高いですよ。
自分自身の評価と相手の自分に対する評価は一致しません。

本人は格好が良いと思って「オープンカーに乗っている人」も
今では「痛い人」らしいです。

結婚相談所はこのネット検索のみの活動で終わる場合もありますが、
「結婚相談所マリエージュ」ではネット検索のみに頼らず、
仲人が身を粉にしてお見合いのお相手を探しています。
是非、ご相談ください。

調布市 「結婚相談所マリエージュ」
担当 谷田

専業主婦は希望はお嫌いですか?

2019/03/04

最近は女性の社会進出も目覚ましく、女性も高給取りが増えました。
男性との格差が減ったのでしょうか?

女性の中には「自分の年収より上の方」を希望する為、
対象の男性が減ってしまいます。
子供が出来たら専業主婦になりたい場合は余計に年収は気になります。

年収の高い男性の中には結婚をするのなら、相手にも高い年収を希望し、
「共稼ぎ」を希望するのです。
お互いに支え合って生きて行きたいそうです。
「専業主婦なんてお断り」らしいですね。

「男性が外で働き、妻子を養う時代」は終わったのかも知れません。

確かに独りは気が楽でしょう。
ただ、独りが好きな人は早めに人生からフェイドアウトしてしまうらしいですよ。

調布市 「結婚相談所マリエージュ」
担当 谷田